合気道

クラススケジュール:

少年の部:4:15-5:30(月曜日/水曜日)
一般の部:5:30-6:30(月曜日/水曜日/木曜日)

お問合せ:

aikido@butokuden.com

合気道は、20世紀初めに植芝盛平(1883-1969)によって開発された現代日本の武道です。合気道は、「自然の普遍原理との調和の道」を意味します。合気道は、日本の伝統的な武道であり(武道の道)、武道の練習の動きを超えた鋭い勢いが精神的な成長を培います。合気道の練習は、身体に自然に流れる動きを作り出すために使用される形と呼ばれる方式に基づいています。身体、心、精神を調和させることで、技能のダイナミズムと気の生成を通じてそれぞれの人の隠された可能性が明らかになります。人がこのような行動すると、大きな力を発揮することが可能になります。攻撃の動きに加わり、力を制御することによって、合気道家は相手の力を安全かつ効果的にリダイレクトすることができます。私たちの練習を通じて自分たちをまとめようとするのと同じように、私たちは日々の生活の中で世界とつながることを目指しています。合気道は相手との関係が非常に重要です。この直接的であり具体的なつながりは、開業医が生じる各状況を経験し、安全かつ効果的な方法で中心から自発的に対応する機会を提供します。そのような練習を通して、合気道は私たちの日常生活のあらゆる瞬間を十分に全身で経験するように教えています。その哲学の論理的な結果として、合気道は競争がありません。勝ち負けが肝心なわけではないので、合気道家は自分の努力を身体、心、精神の統合という目標に自由に任せることができます。これは、合気道家が最も恐るべき対戦相手、つまり自分自身と戦う機会を与えます。このような勤勉な練習は、日常生活のすべての側面に浸透している幸福感と静寂感をもたらします。ライフスタイル、人生、言語、文化、人種の壁を超えた様々な視点やコミュニケーション手段の確立に向けて具体的な経験を得ることができるのです(出典:Orange Coast Aikikai)

Steve Luis Steve Luis (合気道3段)

Steve Luis先生は1994年 New England Aikikai でKanai師範と共に合気道を始め,1998-99の間は Aikido of Manhattan.にてJuba Nour師範と共に、また、1999年には San Diego Aikikai の千葉師範の下で合気道を学んできました。1992年からは神道無想流杖術を学んでおり、現在4段を持っております。

Valentin Castelo Valentin Castelo (Aikido 2nd Dan)

“合気道は地面で相手と組み合いにならないよう足を地面につけたまま、次の相手に備えるという、バランスのとれた武道です。パワフルでもあり、ソフトでもあり、子供や女の子にも学びやすいです。どんな悲惨な状況に出会ってもリラックスして涼しく流す方法を教えてくれるでしょう。